ココが盲点!オフィスのウイルス対策

オフィスのウイルス対策なら当サイトにお任せ!

このサイトでは、抗菌オフィスづくりのポイントや、それを行うために必要な機械や空気洗浄機などをご紹介していきます。
また身近に行える方法として、アルコールを使った方法であったりそれ以外の工夫についても触れながら、すぐに取り組めるようコツをお伝えしていきます。
ぜひ参考にしながら、明日からでも方法を取り入れて実践して見て頂ければと思います。
職場は働きやすさがとても大事になるので、衛生面の工夫をしっかりと行いましょう。

抗菌オフィスづくりのポイント

抗菌オフィスづくりのポイント 抗菌オフィスづくりのポイントは、ドアノブなど多くの人が触れる場所から菌が広がっていかないように対策することです。
例えばドアは自動で開け閉め出来るものにしたり、触れなくてもセンサーで感知するようなものにすると良いでしょう。
それらの方法が予算面で難しい場合には、抗菌のためのアルコール消毒液をドアの前やエレベーターのボタンなどの前に見えやすい位置に置いておきます。
そうすることで、手指をアルコール消毒してから物に触る習慣付けをしたりルール化することができます。
こういった対策は全員の協力あって意義があるものです。
周知の徹底と無理のないルールづくりを行うことで、全員参加で衛生的なオフィスをつくっていけます。

オフィスの電話に抗菌のケアをして清潔に使うメリット

オフィスの電話に抗菌のケアをして清潔に使うメリット オフィスの中でも、頻繁に触る電話は思った以上に不潔になりがちです。
手に雑菌やウィルスが付いたままで通話をした場合、次に触った人がきれいでも汚染されていますし同じ人でも、せっかく手を洗っても再びウィルスや菌がついてしまいます。
オフィスの電話に抗菌作用のあるスプレーをしたり、ペーパーでこまめにふき取ることでその汚染を防止することが可能です。
アルコールを含むペーパーでも良いですし、洗剤のスプレータイプでも良いですのでこまめに拭くことが重要となります。
抗菌効果は長くは続きませんし、誰かが触るごとに菌は増えるのが実情です。
それを口にもっていかない限り、病気になることは考えにくいですが、できればきれいにしておきたい部分ですし自分の手をこまめに消毒したり洗ったりするのも重要です。
抗菌作用のある掃除用のスプレーを使ってケアをしたり、アルコールやエタノールを含むペーパーなどで拭くのも良いでしょう。
なるべく頻繁に掃除をすることで、抗菌効果も持続します。
汚れた手で触ってしまったと思ったら、すぐに拭いておく習慣をつけるのもポイントです。
菌やウィルスは放置すると繁殖することもありますので、手の洗浄もまめに行いましょう。

厨房機器の撤去についてはコチラもチェック

厨房機器を撤去する