ココが盲点!オフィスのウイルス対策

オフィスをアルコールで抗菌

オフィスをアルコールで抗菌

オフィスをアルコールで抗菌 オフィスを掃除する時は、アルコール消毒剤などで拭き掃除をすると抗菌作用が期待できます。
消毒剤が入手しにくい場合は度数の高い飲料用アルコールで医療施設等を消毒することを、厚生労働省が特例で認めているため、度数が67パーセント以上のお酒や無水エタノールなどでも代用可能です。
お酒や無水エタノールの他、カット野菜など食品の洗浄や除菌のため食塩水などを電気分解して作る酸性電解水でも抗菌できます。
机や椅子はもちろんドアノブや窓のカギ、照明のスイッチやパソコンのキーボード、電話の受話器や共用テレビのリモコンなどオフィスの人間が手をふれる場所は全て除菌しましょう。
一度抗菌しておくとウィルスの活性化をおさえるうえ、再び活性化するまで時間をかけることができるので、定期的な除菌で抗菌効果を長く保つことが大切です。
手が荒れやすいためゴム手袋などをして、消毒液はスプレー容器などに入れ替えて使用すると使いやすくなります。

多くの人が働くオフィスで有効な抗菌・ウイルス対策

多くの人が働くオフィスで有効な抗菌・ウイルス対策 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、多くの人々の抗菌やウイルスに対する意識がアップデートされたことは、これからの新しい生活様式の定着という観点ではとても大きな意味を持つものです。
これまでは何気なく使用しているオフィス家具や様々な事務機器なども、抗菌について考える新しい視点で取り扱っていくことは極めて重要と言えるでしょう。
人々が密集していることや空気がこもりがちな空間であることなど、会社のオフィスは条件的にはあまり良い環境にあるとは言いにくいものがあります。
そのような場所であるからこそ、抗菌性に優れた製品や除菌対策グッズを多く導入することが望ましいため、有効な製品を数多く紹介しているウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。
しっかりと抗菌対策を行うことで、働く人達の健康を守り対外的なイメージ向上に繋がることも見込まれます。
除菌対策に関係する製品は、市場において品薄の状態が続いていますので、インターネット上で購入するのがスムーズで確実となっています。